XMの板情報(MT4とMT5)と表示できるインジケーター

xmの板情報(MT5)

XMはMT5で板情報を表示できます。パソコン(インストールとウェブトレーダー)版の対応で、スマホアプリは使えません。

板情報の見方
  • 気配値表示で銘柄を右クリック→板注文画面
  • チャート左上に表示されているマークをタップ

ただし株のように、価格ごとの注文量は確認できません。そのためトレード指標(注文価格やトレンド転換など)に使うなら、他のFX業者やツールで見る方が良いです。

MT4は板情報の機能が備わっていないので、見ることはできません。ただしAxioryは独自の拡張インジケーターを使って、MT4でも表示できます

またクラウド型のチャート分析ツール「TradingView」も、出来高(取引量)を表示する特別なインジケーターが使えます。

Axioryは拡張インジケーターでMT4に表示可能

海外FX業者のAxiory(アキシオリー)は、拡張インジケーターを挿入することでMT4で板情報を表示できます!

Windows版のみの対応ですが、ワンクリック決済機能も使えて便利です(損切りと利食いも同時に設定)。

また板情報対応の高性能ツール「cTrader」も使えるので、好みでメタトレーダーと使い分けもできます。

詳細はこちらの公式ページから、「プラットフォームとツール」→「板情報表示インジケータ」で確認できます。

(詳細)Axioryの公式ページ

TradingViewの出来高インジケーター

TradingView(トレーディングビュー)は、クラウド型のチャート分析ツールです。

すべての端末が同期されるので、設定変更は一度でOKです。さらにSNSコミュニティ機能で、他のトレーダーと情報交換もできます。

誰でも無料で使えますが、有料プランは「出来高プロファイルインジケーター」で板情報が見れます。

チャートに直接表示できるタイプもあり、注文量の多い価格帯が一目で分かります。トレンド転換の水平線などを引きやすくなるので、重宝しています。

詳細はこちらの、機能一覧と比較情報を参考ください。

(公式)機能一覧と比較ページ

無料お試しできるので、まずは気軽に使ってみてください。

まとめ

XMはMT5のパソコン版で、板情報を表示できます。ただし価格表から発注できるだけなので、取引量を可視化するという一般的な目的には使えません。

そのため板をトレードの参考材料にするなら、AxioryやTradingViewを使いましょう。

板情報はMT5の標準機能ですが、業者によって表示対応が異なります。表示できないFX会社もあるので、使えるだけよしと思いました。

カスタマーに対応状況を聞いた時も、キチンと動作確認をして答えてくれました。