XMアプリの使い方と感想。MT4・MT5アプリとの違い

横画面でトレンドラインやインジケーターが追加可能

XM(エックスエム)のアプリは、基本使っていません。

XMアプリを使わない理由
  1. MT5口座のみ取引可能(MT4は非対応)
  2. スマホを横画面にしないと、チャート編集できない(ラインやインジケーター)
  3. 会員ページはブラウザ表示(パソコンでも同じ)

他の海外FX業者も使うので、まとめて管理できるMT4(MT5)アプリを使っています。

会員ページかMT5にログイン

xmアプリで会員ページへログイン

XMアプリでは、会員ページとMT5口座にログインできます。

会員ページをタップすると、ブラウザが開いてログインできます。XMのモバイルページを表示させるだけなので、アプリを使わなくても問題ないです。

xmアプリでmt5にログイン

MT5で取引をタップすると、IDとパスワードでログインできます。iPhoneならTouch IDも使えて便利です。

MT5のチャートやインジケーター

xmアプリの気配値

MT5口座にログインすると、気配値が表示されます。MT5のアプリはメニューに「チャート」がありますが、XMアプリはありません。

通貨ペアとチャート

通貨ペアをタップすると、チャートが表示されます。「銘柄の詳細」からスプレッド、ストップレベル 、スワップポイントなども確認できます。

横画面でトレンドラインやインジケーターが追加可能

スマホを横画面にすると、ラインやインジケーター(移動平均線など)も追加できます。

急なメンテナンスモードに注意

xmアプリのメンテナンスモード

アプリを使っていると、急にメンテナンスモードに入ることがあります。強制ログアウトされ、一時的に使えなくなります。

アップデートは日々されているので、今後の安定強化に期待です。

まとめ

MT5口座で取引、XMしか使わない、スマホの横画面が気にならないなら、XMのアプリはおすすめです。

私はMT4と他の海外FX業者も使う、スマホは縦画面ロック派なのでMT4やMT5のアプリを使っています。

MT4口座の取引は現時点で対応予定がないので(カスタマーに確認済み)、会員ページがアプリ内の機能として追加されればアプリ利用を再検討します。