XMのMT4をMacPCにダウンロードする手順とエラー対策

xmのmt4をmacにダウンロード

macOS Mojave(10.14.6)のMacBook Air(2018)では、XMのMT4は正常にインストールできました。

Mac OS Catalina (version 10.15)は、MT4・MT5とまだ互換性がなく使えないので注意してください(カスタマーに確認済み)。

アプリケーションを開く、サーバー選択、日本語表記の文字化けは、エラーになりやすいと感じたので対策をシェアします。

MT4のダウンロード手順

手順1
WindowsかMacを選ぶ

xmのmt4((Windowsかmac)

会員ページの「プラットフォーム」で、PC対応(Windows)かMac対応を選んで「ダウンロード」をクリックします。

手順2
ダウンロードデータを開く

XMTrading.dmgのファイルを開く

ダウンロードした「XMTrading.dmg」を開きます。

手順3
アプリケーションへコピー

XMTradingをアプリケーションフォルダへ移動

XMTradingのアプリを、アプリケーションフォルダへドラッグします。

アプリケーションへのコピーが完了したら、「XMTrading Mac MT4」を右クリックして「開く」を選択します。

手順4
取引サーバーを選ぶ

mt4のサーバー選び

口座開設した時に届いたメール「XMTrading へようこそ」に、記載されているサーバー名を選びましょう。

手順5
アカウントにログインして完了

mt4にログイン

サーバーと同じくメールで案内されたMT4のIDと、口座開設時に自分で決めたパスワードでログインして完了です。

アプリケーションが開けず「検証中」で止まった時

手順3でMT4ファイルを開くと「XMTrading Mac MT4」の検証に入ります。

XMTrading Mac MT4を検証中

10分経っても「検証中」のままでなかなか終わりませんでしたが、途中で「開発元は未確認だけどファイルを開いてよいか?」という確認画面が出たので「開く」をクリックしたら検証が終わりました。

xmのmt4はmacで未確認

この確認はXMに限らず、海外発やWindows中心のサービスでよく見かけます。「開く」を選んでトラブルが起こったことはないです。

解決するまでの間、サポートにライブチャットで問い合わせもしたので、もらった回答をシェアします。

ファイルが開けない時の対処法
  • Mac OS Catalina (version 10.15)
    MT4、MT5とまだ互換性がなく使用不可
  • アンチウイルスソフト
    一旦停止して、インストールする
  • Macのセキュリティ設定
    こちらのサポートを参考に見直してみる

サーバーのリストがなく、どれかわからない場合

手順4で取引サーバーを選ぶ時に、自分のサーバー名が表示されていない時の確認方法は、公式ページの「よくある質問」に載っています。

MT4/MT5(PC/Mac)へログイン時のサーバー欄に、該当の接続先サーバー名を確認できない場合はどうすればいいですか。

MT4を起動後、ツールバーの「ファイル」 -> 「デモ口座の申請」をクリックすると、「取引サーバー」のウインドウが開きます。サーバー一覧をスクロールダウンし、「新しいブローカーを追加します」欄の左横にある + サインをクリックし、「XMTrading」を入力後「スキャン」をクリックします。

スキャン完了後、「キャンセル」をクリックしてこちらのウィンドウを閉じます。

その後、「ファイル」-> 「取引口座にログインする」をクリックして、ログイン画面のサーバー欄に追加された該当の接続先サーバー名を選択して、再度ログインをお試しください。

文字化けを日本語表記に直す方法

MT4を立ち上げて新規注文画面を開いたら、文字化けしていました。

macのmt4で文字化け

MT4は正常に動作していて表示言語も「Japanese」になっていたので、日本語フォントを入れたところ直りました!

macのmt4を日本語表示

文字化けを直して、日本語表記にした手順をシェアします。

文字化けを直した手順
  1. MSゴシックファイル「MSGOTHIC .ttc」をダウンロード
    私はこちらのページからダウンロードしました
  2. アプリケーションフォルダに移動
  3. XMTrading Mac MT4を右クリックして「パッケージの内容を表示」
  4. Contents→Resources→Wine.bundleへ移動
  5. Wine.bundleを右クリックして「パッケージの内容を表示」
  6. Contents→Resources→Share→Wine→Fontsへ移動
  7. FontsフォルダにMSゴシックファイルを入れる

MSゴシックファイルを入れたFontsフォルダです。

macのmt4にmsゴシックを入れて日本語へ

MT4を再起動すると、日本語表記に変わっていました。

同じく文字化けした知人に聞いてみると、「EasyWine」をインストールしても直るそうです。EasyWineはMacでWindowsの実行ファイル(.exe)が開けるアプリケーションです。

ちなみにメニューの「表示」→「言語」→「English」を選べば、すぐに文字化けは直ります。英語で問題ない人は、こちらの方がカンタンです。

まとめ

MT4は元々Windows用のトレードツールなので、Macでエラーが起こるのは仕方ないです。

2014年からMacでMT4を使っていますが、当初はパラレルデスクトップやブートキャンプのWindowsに入れていました。

今は直接Macにインストールできるので、ずいぶん便利になったと感じます。インストールのエラーが面倒であれば、ダウンロードなしの「ウェブトレーダー」も使いましょう。