XMのMT5ダウンロードからログインの流れと不具合対応

macへのmt5インストールが完了

XM(エックスエム)のMT5は、取引プラットフォームのページからダウンロードできます。インストール方法の解説付きです。

(公式)プラットフォームのページ

Windowsはもちろん、MacOSもCatalinaまで対応しています。ただし最新OSのBig Sur(ビッグサー)は非対応です(現在調整中とのことです)。

MT4はチュートリアル動画(YouTube)が公開されています。MT5はMT4と基本的な使い方が同じなので、MT4の解説動画もとても参考になりました。

私はMacで使っていますが、インストールは正常にできました。たまに使用トラブルはありますが、再起動やサポートで解決しています。

Macのダウンロード手順

こちらの取引プラットフォームページから「MAC対応MT5」へ進み、ダウンロードをタップします。

(公式)プラットフォームページ

ダウンロードファイルから、インストール実行ファイル「XMTrading MT5.pkg」を右クリックで開きます。ブラウザ上やダブルクリックだと、開けないことがありました。

XMTrading MT5.pkgをmacで開く

“XMTrading MT5.pkg”が悪質なソフトウェアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウェアは開けません。という画面が出るので、そのまま開きます。

これはAppleの標準確認で、開いてトラブルになったことはないです。

xmのmt5インストーラー

インストーラーが起動するので、続けます。

mt5のインストール先ディスクを指定(macのパソコン)

インストール先のディスクを指定します。

mt5をmacのハードディスクにインストール

インストールを実行します。カスタマイズは特に内容がなかったので、標準のままにしています。

touchidかパスワードでmacへのインストールを許可

Touch IDかパスワードを使って、インストールを許可します。

macへのmt5インストールが完了

インストールが完了したら、画面を閉じます。

mt5インストーラーをゴミ箱へ

インストーラーは残しても、ゴミ箱に入れても問題ないです。私はゴミ箱に入れています。

ログインと起動トラブルの対応

アプリケーションフォルダから、XMTrading MT5を開きます。

Tradexfin LimitedをFX証券会社に指定

証券会社は、Tradexfin Limited(XMの運営会社)を指定します。

xmのmt5にログイン(口座番号、パスワード、サーバー)

口座開設完了メールで案内される口座番号(ID)とサーバー、そして自分で登録したパスワードでログインして完了です。

口座開設については、こちらの記事を参考ください。

(参考)口座開設の流れ

うまくいかない時は、入力情報の確認や再起動で対応しています。

うまくいかない時の対応
  • ログインできない
    入力内容を確認して、パスワードを再発行します。
  • 起動しない
    一度終了して、再度ログインします。
  • アップデート待機中
    通貨ペアのデータを、チャートに読み込み中の表示です。
    回線不通の可能性があるので、再ログインや通貨ペアを変えます。

もし解決しなければ、カスタマーサポートへ相談しています。ライブチャットですぐ聞けるので安心です。

まとめ

MT5が使える海外FX業者は、まだ半数以下です(30社ほど見た中で)。EA(自動売買)やカスタムインジケーターの互換性から、現状はMT4メインで使っています。

ですがアップデートの頻度は、MT5の方が3倍近く多いです。機能や処理能力が向上しているので、MT5も併用しています。

MT5(MT4)は Windows基準なので、Macで不具合が起こるのは仕方ありません。アプリ(スマホとタブレット)やウェブトレーダー(ブラウザ)も使うことで、ストレスを減らすことができています。