XMの取引プラットフォーム・MT4とMT5はどっちを選ぶ?

xmのmt4とmt5

金融市場のソフトウェア開発企業・メタクオーツ社は、2005年にMT4(メタトレーダー4)をリリースしました。MT4は機能性と汎用性が高く、FX取引の世界的プラットフォームになりました。

そして2010年に、機能を拡充した次世代のMT5(メタトレーダー5)をリリースしました。両者ともアップデートを続けていて、現在も最先端のFX取引ツールです。

ともにWindows、Mac、Android、IOS端末で使えますが、互換性はありません。そのためXMでも1口座に1つずつ使います。

今までインジケーター(トレードの指標ツール)やEA(自動売買ツール)を搭載していた人は、そのまま同じMTを使う方がスムーズです。

初めての人は、進化版のMT5がおすすめです。口座は8つまで持てるのでまずはどちらかで開設して、必要になったら口座を追加すれば大丈夫です。

MT4とMT5の違いを比較

MT4とMT5で異なるスペックを比べます。

MT4 MT5
開始 2005年 2010年
2019年の更新 2回 6回
時間足の種類 9 21
内臓インジケーター 30 38
グラフィックオブジェクト 31 44
板注文画面 ×
経済指標カレンダー ×
ネッティング ×
口座間の資金移動 ×
ロット(マイクロ口座) 10通貨〜 100通貨〜

専門用語をカンタンに解説します。

専門用語の意味
  • 時間足
    1本のローソク足を描く時間
  • インジケーター
    トレードのタイミングを示すツール
  • グラフィックオブジェクト
    チャートの描写に使う素材
  • 板注文画面
    画面の価格をタップする注文機能
  • 経済指標カレンダー
    各国の機関が発表する経済指標
  • ネッティング
    ポジションを相殺して差額を決済
    取引回数を減らして手数料を軽減

時間足の違い

MT4とMT5で共通の時間足です。

共通の時間足
  • M1(1分足)、M5(5分足)、M15(15分足)
  • M30(30分足)、H1(1時間足)、H4(4時間足)
  • D1(日足)、W1(週足)、MN(月足)

次にMT5だけで表示できる時間足の種類です。

MT5だけの時間足
  • M2(2分足)、M3(3分足)、M4(4分足)
  • M6(6分足)、M10(10分足)、M12(12分足)
  • M20(20分足)、H2(2時間足)、H3(3時間足)
  • H6(6時間足)、H8(8時間足)、H12(12時間足)

MT4の時間足で、特に不自由は感じませんでした。強いていうと、H8(8時間足)とH12(12時間足)はあるとより便利かもしれません。

インジケーターは有料版やカスタムで強化できる

デフォルトで使えるインジケーターの数は、少しMT5の方が多いです。しかしインジケーターは無料から有料版まで市場にたくさんあります。

さらにカスタムをすることで、組み合わせは広がります。そのため内臓数の違いはあまり気にせず、お気に入りのインジケーターを見つけたり作成すると稼ぎやすくなります。

マイクロ口座の最小取引ロット数

マイクロ口座については、1ポジションあたりの最小取引ロット数が違います。

MT4が10通貨で、MT5が100通貨です。レバレッジ888倍ならドル円は10通貨=1円、100通貨=10円くらいのイメージです。

マイクロ口座は1回の最大取引量が10万通貨なので、1万円未満のトレードに向いたミニ口座です。そのため、デモ口座の気分から始めたい人にはおすすめです。

慣れてきたら、最も制限なく恩恵を受けられるスタンダード口座を追加しましょう。

MT4→すでにインジケーターやEAを使っている人

MT4でお気に入りのインジケーターやEA(エキスパートアドバイザー)を持っている人は、XMでもそのままMT4を使う方がおすすめです。

MT4とMT5は互換性がないので、MT5では使えない可能性があるからです。

操作性も全く同じではないので、使い慣れたものの方がストレスがないと思います。

MT5→初めての人、新たに使う人

メタトレーダーを初めて使う人や、新しいツールでトレードしたい場合はMT5がおすすめです。

使える機能が多く、MT4の進化版だからです。現在もアップデートは続いていますが、年間のアップデート数はMT5の方が2倍近く多いです。

このことからメタトレード社はどちらかと言えばMT5に力を入れていることがわかり、今後もしかしたらMT5一本になる可能性もゼロではないです。

そのためこれから使うのであれば、MT5を選ぶ方がスタンダードです。

まとめ

MT4とMT5で現状決定的な差は感じません。そのため今まで使っていたかどうか?でまずは選んでみてください。

どちらも世界的なFX取引ツールであることに、変わりはありません。

  • MT5使ってみたけど、慣れてるMT4がいいな
  • MT4は問題ないけど、MT5も使ってみたい

など途中で思えば、マイページから口座を追加して新しい口座に導入しましょう。