XMの入金方法(手数料・限度額・反映時間もチェック)

xmの入金方法

XMへは1回で1,000万円まで入金できます。最低入金額は基本500円で、手数料は無料です(少額振込以外)。

入金方法と1回の限度額
  • クレジット、デビット、プリペイドカード
    80万円(VISA)、15万円(JCB)
  • 銀行振込
    1,000万円
  • オンラインウォレット(電子決済)
    80万円

限度額は目安であり、ユーザーの状態で変わることがあります。入金希望額を入力した時に、限度額を超える場合は赤字のエラーメッセージが表示されます。

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード

XMではVISAとJCBのクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードが使えます。問題なく入金手続きが完了すれば、口座に即時反映されます。

バンドルカードなどのプリペイドカードは、「実体のないカード」という判断で決済に使えない金融サービスも多いです。XMは使えると公言していますが、注意点が2つあります。

プリペイドカードの注意点
  1. 海外利用に制限がある可能性
  2. 利用枚数が多いとロックがかかる懸念

海外利用に制限をかけているプリペイドカードもあるので、事前に確認がベターです。そして何枚も使うと枚数によっては、安全のためカード会社でロックがかかることもあります。

VISA

1回で80万円まで入金できます。1日の入金限度額は約300万円(30,000ドル)で、最大15回まで手続きできます。

JCB

1回で1万円〜15万円まで入金できます。1ヶ月の入金限度額は75万円で、毎月1日に上限額はリセットされます。

VISAと比べると上限額は低いですが、海外業者のXMで国内のカードブランドが使えることがありがたいです!

マスターカード、アメックス、ダイナースは使えない

マスターカード(MASTER)、アメックス(アメリカンエキスプレス)、ダイナースクラブは、現状使えません。

カスタマーに確認したところ、今後決済方法として追加される予定もないそうです。

楽天銀行のデビットカードで即時反映!

楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)

楽天銀行のゴールドデビットカード(VISA)を使って入金してみました。

xmに楽天デビットカード(visa)で入金完了

決済完了すると、すぐに口座へ反映されました。同時にサポートチームから「入金処理が成功しました」メールも届いて安心です。

銀行振込(XMの指定口座はりそな銀行)

国内銀行送金(Local Bank Transfer)は、1回で1000万円まで振り込めます。XMの指定口座は「りそな銀行」です。

入金額1万円以上で手数料無料、1万円未満は1,500円の手数料がかかります。

着金後1時間以内で口座に反映され、確認メールが届きます。 銀行営業時間外と土日祝は、翌営業日の着金になります。

銀行送金は通常の振込扱いなので、どの銀行からも振り込めます(ただし振込手数料はこちら負担です)。 私は楽天銀行、住信SBIネット銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行を使い分けています。

クレジットカードやデビットカードの方が手続きは楽ですが、1回の上限額が80万円なのでさらに入金したい時に便利です。

オンラインウォレットはビットコインも使える

インターネット上のお財布である「オンラインウォレット」は、1回で80万円まで入金できます。

XMでは決済できないマスターカード・ダイナースクラブなども、ウォレットを通すことで使えます。

さらにビットコインなどの仮想通貨が使えるサービスもあります。ウォレット名のリンクをクリックすると、詳細説明へ移動します。

オンラインウォレット

Bitwallet(ビットウォレット)

ビットウォレットは、海外FX業者で特にメジャーな決済サービスです。

VISAとJCBに加えて、マスターカード・ダイナースクラブ・ディスカバーカードからビットウォレットへ入金できます。さらにApple Payにも対応した最新ウォレットです。

銀行口座への出金は24時間以内・手数料824円で、海外送金よりとても安いです!

(公式)ビットウォレット

Sticpay(スティックペイ)

スティックペイは、主要なFX業者(ヒロセ通商など)で広がりつつあります。

仮想通貨のビットコイン 、ライトコイン、イーサリアムも入出金できます。またVISAとMASTERに加えて、銀聯カードも使えます。

スティックペイカード

プリペイドカードの「スティックペイカード」も発行できます。銀行口座に履歴を残さずに、毎月100万円ほどATMから直接引き出せるので便利です。

世界中の提携ATMを利用できて、日本ではセブン銀行やゆうちょ銀行が対応しています。

(公式)スティックペイ

BXONE(ビーエックスワン)

ビーエックスワンは、新たに導入された決済ウォレットです。公式ページは日本語非対応で、Google翻訳を使わないと日本語で見れません。

「日本語ガイド」もありますが、公式サイトではありません。そのためビットウォレット・スティックペイと比べると、まだ日本市場で浸透していない印象を受けます。

入出金方法や手数料で特に秀でたところを感じなかったので、今は他の決済方法を使おうと思います。

(公式)ビーエックスワン

まとめ

カードはVISAとJCBが使えます。1回で80万円以上入金したい時は、銀行振込で1,000万円まで大丈夫です。

マスターカードやダイナースクラブを使いたい時は、ビットウォレットかスティックペイを通しましょう。

オンラインウォレットはなじみがないかも知れませんが、ひとつ持っておくと決済手段が広がります。口座開設は無料なので、合わせてチェックしてみてください。

海外業者の決済は、他サービスとの兼ね合いで対応が変わりやすいです。エラーで入金できないことがあれば、慌てずにサポートへ相談しましょう。