XMのMac版MT4にカスタムインジケーターを追加する方法

macでxmのmt4に外部のカスタムインジケーターを追加

MT4ではインジケーター用をフォルダにファイルを追加することで、外部のカスタムインジケーターも搭載できます。

ただしMT4はもともとWindowsに対応していたので、Macですと少し入れ方が変わります。ですが直接パソコンのフォルダへファイルを追加すれば、問題なく挿入できます。

今回は特許取得のトレード技術で10万人以上が使っている「プライスアクション」から、お気に入りのインジケーター「プライス・ストラクチャーFX」を例にシェアします。

MQL4のインジケーターフォルダへの行き方

まず好きなフォルダを開いて、上部メニューの「移動」をクリックします。

macのライブラリフォルダ

Optionキーを押している間表示される「ライブラリ」を選びます。そして「indicators」フォルダまで進みます。

indicatorsフォルダへの行き方
  1. Application support
  2. com.xmtrading.nt4_数字の文字列
  3. drive_C
  4. Program Files
  5. XMTrading MT4
  6. MQL4
  7. Indicators

Indicatorsフォルダに、インジケーターの実行ファイル(.ex4)をコピーペーストします。

mt4へカスタムインジケーターを追加

今回搭載する「プライス・ストラクチャーFX」は、5つのファイルを追加しました。

テンプレートとサウンドファイルも追加

インジケーターによっては、テンプレートとサウンドフォルダにもファイルを追加することがあります。

xmのmt4フォルダ(mac)

それぞれ「XMTrading MT4」フォルダに入っているので、同じようにコピペで追加しましょう。

MT4を再起動してチャートに反映させて完了

必要なファイルを各フォルダに追加したら、MT4を再起動します。挿入したいチャートを選んで、右クリックで「表示中のインジケーター」を選びます。

mt4のチャートにインジケーターを表示

希望のインジケーターを選べば、チャートに表示されます。

WindowsはMT4から直接フォルダに追加可能

Windowsのパソコンは、MT4の「ファイル」→「データフォルダを開く」から直接ファイルを追加できます。

やり方はXMの公式動画で解説されているので、参考ください。