XMのトルコリラの稼ぎやすさをスワップポイントで解説

XMのトルコリラスワップ(ユーロ)

XMのユーロ/トルコリラ(EURTRY)は、スワップポイントで1日3,000円ほど稼げます(ショートポジション)。

トルコリラペアのスワップポイント
  • ユーロ/トルコリラ(EURTRY)
    ロング:-801.22(-10,370.13円)
    ショート:240.78(3,116.40円)
  • 米ドル/トルコリラ(USDTRY)
    ロング:-622.88(-8,062.71円)
    ショート:165.12(2,137.35円)

トルコリラ円(TRYJPY)は取引できません(取り扱いなし)。

金額は1日分&1ロットです。スワップポイントの円換算は、スワップ計算ツールを使いました(スワップポイントは変動します)。

(公式)XMの計算ツール

XMのスワップポイントは中堅クラスですが、ハイレバトレードもできます(最大100倍)。

スワップポイントを海外FX業者で比較

トルコリラペアのスワップポイントを主要業者と比べてみます。

左がロング、右がショートです(単位はポイント)。

EURTRYのスワップポイント
  • XM:-801.22、240.78
  • ゲムフォレックス:取り扱いなし
  • アキシオリー:-543.66、465.82
  • タイタンFX:-620.15、345.11
  • トレードビュー:-241.79、150.61
USDTRYのスワップポイント
  • XM:-622.88、165.12
  • ゲムフォレックス:-145.9、30.8
  • アキシオリー:-429.7、368.86
  • タイタンFX:-468.16、283.29
  • トレードビュー:-167,27、94.28

スワップポイントは、アキシオリーとタイタンFXが優勢です(ショート)。

スプレッドと取引手数料

平日夕方に測定したスプレッドを、口座タイプでまとめました(変動します)。

スプレッドの参考値(単位はpips)
  • ユーロ/トルコリラ(EURTRY)
    150(スタンダード口座)
    140(ゼロ口座)
  • 米ドル/トルコリラ(USDTRY)
    190(スタンダード口座)
    180(ゼロ口座)

ゼロ口座の取引手数料は10ドルなので、スプレッドは+1pipsです(往復1ロット分で、1ドル=0.1pips換算)。

取引手数料を加味しても、ゼロ口座の方が取引コストは安いです。

xmのトルコリラスプレッド(スタンダード口座)

(スタンダード口座)

xmのトルコリラスプレッド(ゼロ口座)

(ゼロ口座)

とはいえメジャー通貨と比べてスプレッドは広いです。まずはスプレッド分を回収するために、中長期運用でスワップ利益を積み上げる必要があります。

まとめ

トルコリラペアは、スワップポイントランキング上位の常連です。

(参考)スワップポイントについて

売りポジションでスワップ利益を狙えますが、高金利通貨は相場変動リスクがあります。

両建てをすれば相場変動リスクはなくなりますが、マイナススワップで保有コストが発生します(買いのマイナスが大きい)。

レバレッジは100倍までかけられるので、少額の証拠金でもハイレバで勝負できます!(XMの口座レバレッジは最大888倍ですが、トルコリラは制限されています)

(詳細)レバレッジルールと制限

まずは口座開設ボーナスで無料トレードをして、最大50万円の入金ボーナスで追加資金を獲得してチャンスを広げてください。