XM(エックスエム)の取引時間とFXで稼ぎやすい時間帯

xmの取引時間(祝日や年末年始も)

XMのFX取引時間は、平日ほぼ24時間です。夏時間と冬時間で、1時間変わります。

XMの取引時間
  • 夏時間(10月〜3月)
    月曜日の午前6:05〜土曜日の午前5:50
  • 冬時間(3月〜10月)
    月曜日の午前7:05〜土曜日の午前6:50

クリスマス(12月25日)と元日(1月1日)は、終日取引できません。毎年スケジュールが決まったら、公式ページやメールで案内があります。

MT4の表示時間は日本と時差(6〜7時間)があるので、気になるならインジケーターで日本時間表示にしましょう。

そして22時〜深夜2時(夏時間は21時〜深夜1時)は、一番稼ぎやすい時間帯です。取引量世界No1のロンドン市場とNo2のニューヨーク市場が、同時に開いているからです。

FXは通貨の売買で価格差益を得る取引なので、値動きが大きいほど稼ぎやすくなります。

夏時間(サマータイム)と冬時間の切り替え

FXの取引時間は、夏と冬で切り替わります。

夏時間と冬時間
  • 夏時間
    3月の最終日曜日午前1時~10月の最終日曜日午前1時
  • 冬時間
    10月の最終日曜日午前1時~3月の最終日曜日午前1時

夏時間(サマータイム)は、日の出が早まる時期に時計の針を1時間進めて、太陽が出ている時間を有効活用する制度です。欧米を中心に導入されています。

つまり取引時間の月曜日の午前7:05〜土曜日の午前6:50は、夏時間では月曜日の午前6:05〜土曜日の午前5:50と1時間早まります。

祝日(クリスマスや年末年始)

XMではクリスマス(12月25日)と元日(1月1日)は、終日取引できません。加えてカスタマーサポートも休みです。

年末年始のスケジュールは決まり次第、ニュースレターやウェブサイトで案内されます。

MT4(MT5)の表示時間とグリニッジ標準時(GMT)

XMのMT4(MT5)の表示時間は、GMT+3(夏時間)とGMT+2(冬時間)です。

GMT(Greenwich Mean Time)は、グリニッジ標準時という国際的な基準時刻です。経度0°に位置する、イギリスのグリニッジ展望台で観測しています。

XMは接続サーバーの関係で、GMTと時差(GMTオフセット)があります(カスタマーに確認したところ、サーバー場所は開示していませんでした)。

FX会社でサーバーの場所が違えば、GMTオフセットも変わります。

ちなみに日本時間(日本標準時)はGMT+9です。つまりXMの表示とは7時間(夏時間は6時間)の時差があります。

MT4を日本時間にするインジケーター

JPN_Time_SubZero」というインジケーターを導入すれば、MT4を日本時間で表示できます。

こちらのページからファイルをダウンロードできました。インジケーターの追加と表示方法は、こちらの関連記事を参考ください。

macでxmのmt4に外部のカスタムインジケーターを追加XMのMac版MT4にカスタムインジケーターを追加する方法

パラメーターはTime_differenceを7(夏時間は6)に設定して、時差を調整します。

JPN_Time_SubZeroのパラメータ

あとはYEAR(年)、MONTH(月)、DAY(日)、HOUR(時)の表示をお好みで調整します。trueが表示、falseが非表示です。

xmのmt4を日本時間(gmt+9)で表示

HOUR(時)を適用すれば、1時間単位で表示されます。

値動きが最も活発な時間帯「ゴールデンタイム」

XMを含めてFXで大きく稼ぎやすい時間帯は、22時〜翌2時(冬時間)です。取引量世界No1のロンドン市場と、No2のニューヨーク市場が同時に空いている「ゴールデンタイム」と呼ばれます。

ロンドン市場が開く17時以降も、大きな相場変動が起こりやすいです。為替市場の取引時間については、こちらの関連記事を参考ください。

xmのスプレッドの広さXMの実質スプレッド・広がりとpipsの便利計算ツール

為替差益を市場から得るFXは、値動きがあってナンボです。そのため相場が大きく動きやすい時間帯を狙うことで、利益を追求できます。

まとめ

XMは他のFX会社同様、平日ほぼ24時間いつでも取引できます。ただしクリスマスや元旦を含め、取引できない日や時間が短い日もあるので、スケジュールをチェックしましょう。

MT4は日本時間と時差が7時間(夏時間は6時間)ありますが、インジケーターで日本時間表記にもできます。

22時〜翌2時のゴールデンタイムに取引を集中させて、時間効率を最大化しましょう!