XMは約定拒否をしない。スリッページも起こりにくい理由

xmは約定拒否なし(問い合わせ回答)

(約定に関するスタッフの回答)

XMは約定拒否なしです(注文執行率100%)。取引の99.35%が1秒以下に執行されます。

そのためFX会社が約定可能な価格を再提示する「リクオート」も発生しません(Re:再び、Quote:見積もるという意味)。

約定拒否をしない理由は、取引が増えるほど売上が上がるからです。

海外FX業者の主な利益は、スプレッド(取引手数料)です。トレーダーが取引するほど会社の売上が増えるので、注文を拒否する理由はありません。

スリッページもほぼ発生しません。金融機関と協力して、最適価格の提供に努めています。

スリッページへの対策(約定が遅い時)

すべての取引を成立させると、スリッページ(注文価格と約定価格の差)が起こることがあります。取引はサーバーを通して、待ち行列システムで処理されるからです。

そのため相場変動や注文集中時は、約定が遅れやすくなります。ですがXMはスリッページがほとんど発生しません(公式ページのよくある質問で回答)。

理由は複数の金融機関(リクイディティプロバイダー)と連携を取り、注文価格で約定できるよう最善を尽くしているためです。

実際に雇用統計でスキャルピングをした時も、スリッページは0.1pipsだけでした。雇用統計のトレードはこちらの記事を参考ください。

雇用統計で1万円勝ち(XMでスキャルピング)XMで稼いだ雇用統計結果(スキャルピング)と両建て手法

ちなみにスリッページは、利益にも損失にもなります(ポジションと価格の変動方向によって)。

例えばドル円を1ドル=100.01円で買い注文をして、100.00円で成立したら0.01円(1pips)のプラスです(安く買えたので)。逆に売り注文ならマイナスになります。

そのため絶対に損失で悪い存在!という訳ではないので、あまり過剰になる必要はないと思います(とはいえ発生しない方がスッキリしますが)。

約定力と約定率は信頼に値する

約定率は99.35%で、平均処理スピードは1秒以内です。そして2010年から約定拒否なしを続けています

この継続率は、信頼できる約定力(注文処理能力)だと思います。

さらに成行と予約注文(指値や逆指値)は、1取引で50ロット(500万通貨)まで執行が保証されています。

スリッページは、FXで日常的なものです。そのため価格差が開きそうな時は、約定拒否が一番カンタンな対応です。

ですがXMは、拒否しない方針を貫いています。この姿勢からトレーダーとは運命共同体で、全力でサポートする意志を感じています。