XMはNDD方式。カバー先とSTP・ECN口座について

XMはNDD方式で嘘なし

XMはNDD方式(No Dealing Desk)です。スタッフに直接確認しました。

トレーダーの注文は市場へ流され、提携金融機関(リクイディティ・プロバイダー)の最適価格で処理されます。注文の一連の流れには、XMの人的操作は一切ありません

NDD方式には2つの取引方法があり、口座タイプで分かれます。スタンダードとマイクロ口座が「STP」、スプレッドが狭いゼロ口座が「ECN」です。

STPはFX会社が市場の橋渡しをして、ECNはオークションのイメージです。

リクイディティプロバイダーは非公開

リクイディティ・プロバイダー(LP)は金融機関のことで、カバー先とも呼ばれます。FX会社は複数のLPと提携をして、トレーダーに適正な為替レートを提供しています。

注文はXMのサーバーに集められ、提携LPの中から最良の市場価格で執行されます。この一連処理の中で、人的操作は一切ないです。

xmのリクイディティプロバイダー

LPの公開は海外FX業者によりますが、XMは非公開です。ここでは海外FXで定番のLPを紹介します。

海外FX業者の定番LP
  • バンク・オブ・アメリカ
  • JPモルガン
  • モルガン・スタンレー
  • シティグループ(CIti)
  • UBS(スイス最大の銀行)

世界的な投資銀行が名を連ねています。そのため提示価格の市場性は、信用できると判断しています。

DD方式とNDD方式の違い

DD方式(Dealing Desk)は、トレーダーとFX業者で取引をします。相対取引、店頭取引、OTC(Over The Counter)、B-BOOK方式などと呼ばれ、国内業者の主流です。

NDD方式(No Dealing Desk)は、トレーダーの注文をそのままインターバンク(金融機関市場)に流します。A-BOOK方式とも呼ばれ、海外業者の主流です。

XMはNDD方式で、ディーリングデスク不在です。

正確にはディーリングデスク部門はありますが、所属スタッフは注文に一切介入しません。主な機能は、システムとプラットフォームの安全な運用監視です。

STPとECN口座

NDD方式には2種類の取引方法があります。

NDD方式の取引方法
  • STP(Straight Through Processing)
    LPから最適な為替レートを採用
    スプレッドはやや広め、取引手数料なし
  • ECN(Electronic Communications Network)
    直接取引(イメージはオークション)
    スプレッドは狭め、取引手数料あり

STPは複数のLPから価格を決めるため、約定力が高いです。その代わり流動性が低い時間帯や相場変動時は、スプレッドが広がる可能性があります。

ECNは投資家・金融機関・ファンドなどの注文と、直接マッチングします。売買が成立すれば注文価格で約定するので、スプレッドは狭い傾向にあります。

ただし需給のバランスが悪く売買が決まらない場合、約定できないこともあります。

STPと比べて手数料が発生、最低入金額が高い、レバレッジ制限などの条件があります。個人的には、オークションへの参加料金ととらえています。

xmのSTPとECN口座

取引方法は口座で分かれていることが一般的です。XMはスタンダードとマイクロ口座がSTP、スプレッドが狭いゼロ口座がECNです。

口座タイプは、こちらの記事を参考ください。

xmの口座タイプと種類XMの口座タイプの選び方。おすすめはスタンダード口座

マーケットとインスタント方式

STPには、2つの約定方法(注文処理)があります。

STPの約定方法
  • マーケット方式(Market Execution)
    LPの最適価格で処理
    スリッページ:可能性あり
    約定拒否:基本なし
    スプレッド:基本変動
    別名:カウントダウン方式、DMA(Direct Market Access)
  • インスタント方式(Instant Execution)
    FX会社が即時決済
    スリッページ:基本なし(範囲設定)
    約定拒否:可能性あり
    スプレッド:固定も可能
    別名:ストリーミング方式(MT4に表示)

海外FX業者はXMを含めて、マーケット方式が主流です。約定優先ならマーケット方式、価格優先ならインスタント方式がおすすめです。

インスタント方式の海外FX会社

スリッページが気になる人は、インスタント方式の業者も使ってみてください。

まとめ

「NDD方式は嘘なんじゃないか?」「取引価格にはマークアップ(事務手数料)が上乗せされているのでは?」などの噂を聞いたことがあります(リアルとインターネットで)。

ですが正真正銘のNDD業者で、注文への人的操作は一切ありません。そのためXMの主な利益は、取引手数料(スプレッドとゼロ口座)になります。

トレーダーが取引するほど売上が伸びるので、サポートや取引環境の向上に真剣です。つまりトレーダーとは運命共同体なので、損害を与えたりだます必要はありません

質問に対する回答内容が、とても細かく誠実です。日本人トレーダーの知名度・利用度の高さに納得しています。