XMのストップレベル(指値・逆指値の値幅)とゼロ業者

xmのストップレベル(ユーロドル)

XMのストップレベルは、通貨ペアによって変わります。ただし口座タイプに関わらず、値は同じです(スタンダード、マイクロ、ゼロ口座)。

ストップレベルは予約注文の値幅で、現在価格から指値や逆指値を離す距離を表します。

公式サイトのFX取引ページで、通貨ペアごとに「指値および逆指値のレベル」が公開されています。

(詳細)公式ページはこちら

この記事では主要通貨の値と、制限のないゼロブローカーをシェアします。

主なドルストレート

公式ページの表示単位はMT4と同じ「ポイント」で、10ポイント=1pipsです。そのためこの記事でも、単位はポイントに統一します。

ストップレベル:ポイント
  • ユーロドル(EURUSD):40
  • ドル円(USDJPY):40
  • 豪ドル米ドル(AUDUSD):50
  • ポンドドル(GBPUSD):52

主なクロス円

次にクロス円です。

ストップレベル:ポイント
  • ユーロ円(EURJPY):54
  • 豪ドル円(AUDJPY):99
  • ポンド円(GBPJPY):108
  • カナダドル円(CADJPY):100

ドルストレートに比べると取引量が少ないので、値幅は広めになっています。

ストップレベルがゼロのブローカー

ストップレベルがゼロの海外FX業者です。リンク先の口座開設フォームから、無料登録できます。

ストップレベルがゼロのブローカー

ストップレベルがゼロの場合、MT4(MT5)のオーダー画面で「現在価格から0ポイント圏内の注文は発注できません。」と表示されます。

ストップレベルがゼロのブローカー(海外FX業者)

ストップレベルのメリット、デメリット

ストップレベルがないメリットは、好きな所に予約注文を出せることです。現在価格の近くに逆指値を置けば利益確定しやすく、指値ならポジションを取りやすいです。

スキャルピングメインなら、ゼロ業者が使いやすいと思います。

逆にストップレベルがないと、利確や注文をつい早まってしまいます。ストップレベルのおかげで損切りにかからず利益を伸ばせたり、良いポジションを指せることもあります。

つい感情的なトレードになってしまうなら、ストップレベルを損切りやポジショニングに活用しましょう。

まとめ

最初はストップレベルにストレスを感じていました。利益確定を焦っていたからです。ですが損切りがかからないことで、さらに利益を伸ばすトレードを複数経験しました。

つい感情的になってしまう私の場合は、ストップレベルが物理的な指値・逆指値として機能することもあると学びました。

100%思い通りの予約注文をしたいなら、ゼロブローカーを使い倒しましょう。私はボーナスとキャッシュバックのお得さに魅力を感じているので、XMをメインで使っています。