XMで口座凍結する原因と対処法。休眠口座の維持手数料

XMの口座凍結と休眠口座

XMでは、90日間残高ゼロの取引口座は凍結されます。一度凍結されるとログインも解除もできないので、新たに追加口座を開設します。

凍結の前に、まずは「休眠口座」になります。対象は最後の取引、入出金、資金振替、口座追加申請日から90日以上経った口座です。

休眠口座になるとボーナスやポイント(XMP)はなくなります。現金は出金可能です。

休眠口座には毎月5ドルの維持手数料がかかります。残高が5ドル未満の場合は、残高全額が引かれます。

ただし口座残高がゼロなら、手数料は発生しません。休眠口座は入金か取引をすれば、アクティブ口座に復活します。

禁止事項を守ろう

90日間残高なしに加えて禁止事項を破れば、口座凍結の可能性があります。禁止事項は不正利用の疑いや、XMに損失を与える行為です。

例えば両建ては同じ口座内で可能ですが、口座間、業者間、違う銘柄は禁止です。理由はボーナスやゼロカット(口座残高のマイナスを補填してゼロに戻す仕組み)の悪用リスクがあるためです。

またスキャルピングは可能ですが、短時間の過度な取引はサーバーに負荷がかかり制限されることがあります。

頻度が高く意図的なほど、口座だけでなくアカウント削除のリスクもあります。

もし注意が来たら素直に対応して、疑問があればカスタマーに相談しましょう。

口座開設ボーナスと入金ボーナス

口座開設でもらえる「取引ボーナス」は、最初に開設した口座のみ対象です。つまり1人(1アカウント)1回までなので、口座凍結されて新たに口座を追加してももらえません。

入金ごとに付与される「入金ボーナス」は、上限の5,000ドルを超えていなければ追加口座ももらえます

もし上限いっぱい受け取っていても、定期的なリセットキャンペーンでボーナス枠が復活することがあります!

ボーナスの詳細は、こちらの関連記事を参考ください。

XMのボーナス(口座開設と入金)XMのボーナス・出金条件とお得なポイント還元プログラム

確定申告に必要な取引報告書の取得方法

確定申告では、FX会社の年間取引報告書を提出します。取引報告書はMT4(MT5)からダウンロードしますが、口座凍結されると取得できません。

そのためカスタマーにライブチャットかメールで相談しましょう。

報告書の提出は税制の義務なので、メール添付などで対応してくれます。

稼ぎすぎは関係ない。むしろ応援してくれる

XMはトレーダーと為替市場を、直接つなぐ取引スタイル(NDDでマーケット方式)です。市場レートに限りなく近い取引価格で、透明性の高い取引ができます。

そのためXMの主な利益は、取引手数料(スプレッド)です。つまりトレーダーが稼いで取引するほど売上が上がるので、口座を凍結する理由はないです。

むしろどんどんトレードしてほしいので、本気でサポートしてくれます!

90日間を目安に定期的にログインして、休眠口座になる前にボーナスやポイントはお得に使い切りましょう。